スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

会津旅行 【泊まる編】

2008/09/28 Sun 00:47

今回の会津旅行でお世話になったのは、『四季彩一力』という
旅館でした。
昭和天皇もご宿泊されたという、老舗の旅館だそうです。


お宿に着くと、まずロビーでお菓子とお抹茶のサービス。
ウェルカムドリンクがお抹茶の旅館はいいですね。
ホッとします(*^▽^*)

     四季彩一力

お部屋に入ると、長い廊下があって、写真のお部屋(12畳くらい)+
6畳のお部屋でした。


四季彩一力庭 こちらのお宿は、お庭もとても
 綺麗でした。

 お部屋が1階だったので、自分の
 部屋から、そのままお庭に出られ
 ました。

 鴨や鯉がいて、萩やすすきなど
 季節の草花が随所にあって、
 楽しくお散歩しました(*^▽^*)



今回、お祝いのプランを申し込んでいたので、プランのサービスで
このお庭でカメラマンさんに写真を撮っていただきました。
いい記念になりました(*^▽^*)


さてさて、私のブログなのでやっぱりお夕食紹介☆

     先付

 ・先付 えごま豆腐、きのこのおろし和え
 ・前菜 旬菜盛り   
 ・お造り

前菜の旬菜盛りの棒鱈(写真のレンコンの右隣)は、最高に
美味しかったです!


おつくり お造りは、まぐろ・北寄貝・
 鯛・海老

 山間の福島なので、お魚に
 期待はしていなかったのですが、
 本当に良いお魚でした。
 
 特にまぐろは良かったです!





しゃぶしゃぶ 鍋物は、福島牛のしゃぶしゃぶ。

 少なく見えますが、けっこうガッツリ
 ありました。
 仲居さんが「いいお肉もってきたよ」
 と言ってくださった通り、とても美味
 しいお肉(≧∇≦)

 夕食のお肉は鮮度にこだわり、17時
 に厨房に届くようにしているそうです。



煮物と椀物。
煮物土瓶蒸し

椀物は、松茸の土瓶蒸し。
たくさんの松茸と、ハモやつくねまで入っています。
めちゃめちゃ美味でした(≧∇≦)
今年の初松茸でした(≧∇≦)



フォアグラのソテー そして、メイン(強肴)は、フォアグラ
 ソテー。

 薄味で煮た高原大根の上に、ソテー
 されたフォアグラがのせてあります。

 濃厚なフォアグラとあっさりした大根
 がめちゃめちゃ良く合います。
 フォアグラ+大根って、私にとって
 一番好きなフォアグラの食べ方かも。
 


ごはん この夕食の中で、一番写真で美味しさ
 を伝えにくいのがこのご飯!!

 湧水で炊いたというこのご飯は、もう
 感動的に美味しかったです!!!
 私が、もっのすごい笑顔でご飯を
 食べていたらしく、仲居さんに、
 「そんなに美味しそうに食べてもらう
 と嬉しいわ~」と言ってもらいました。



このご飯を炊いたという湧水を、よく冷えた状態でポットに入れて、
寝る前に、お部屋に持ってきてくれました。
この湧水が本当に美味しいの(*^▽^*)
ご飯もおいしくなるはずです(*^▽^*)


デザート 最後のデザートは、果物とかぼちゃ
 プリン。

 このかぼちゃプリンは、甘いものに
 あまり興味がない上に、かぼちゃ
 スイーツ嫌いなダンナさまが
 「うまい!!」
 という美味しさ!

 なめらかで濃厚でした~!


      
      ※      ※      ※      ※      ※


今回の夕食では、お宿から結婚○周年記念のお祝いに特別に
いただいたものが。。。

     鯛

本来は、焼き鮎のところを、お祝いの鯛をサプライズ!!


シャンパン 更に、シャンパンをプレゼント
 していただけるとは聞いていた
 のですが、乾杯用の1杯だけ
 だと思っていたら、なんと1本!

 その他にも、ラウンジでの 
 ケーキとドリンクもサービス
 していただきました(*^▽^*)





『四季彩一力』は、おもてなしの心に満ちたお宿で、大満足でした!
(そして、意外なほど宿泊料が安い!)
あいにくの悪天候の旅行だったのですが、お宿の居心地が
良かったので、楽しい旅行になりました(*^▽^*)

『四季彩一力』さん、お世話になりましたm(_ _)m




オマケ。

お宿以外で食べた会津名物。
おそばこづゆ

おそばとこづゆ。

こづゆは、貝柱のおだしが美味しい、素朴だけど贅沢なお料理で、
会津でお祝い日に作られているというのも納得でした!

スポンサーサイト
おでかけ・旅行 | トラックバック(0)

会津旅行 【遊ぶ編】

2008/09/24 Wed 01:10

先週の金曜日、今週の月曜日とお休みをもらって、会津旅行に
行って来ました~(≧∇≦)

会津は前々からどうしても行きたかった土地
あいにくのお天気だったんですが、楽しんできました~(≧∇≦)


旅の一番の目的は神秘的な色の湖沼が並ぶ五色沼

     五色沼

五色沼自然探勝路という、トレッキングコースが整備されていて、
涼しい木陰の小道を歩きながらの、沼巡りです(*^▽^*)


ビジターセンターから歩き始めると、一番最初に見える大きな沼が
毘沙門沼。
毘沙門沼1毘沙門沼2

沼の色の美しさに、思わずテンションがあがりまくり(^_^;)
この2枚の写真は、同じ沼の写真なのに、見る位置や沼の場所で
全然色が違うんです!
曇天でもこの色。。。すごいです!


赤沼 毘沙門沼の後に現れるのが、赤沼。
 
 鉄分を含む水質のせいで、植物の
 根元が赤褐色に染まっているのだ
 とか。。。
 







みどろ沼 赤沼から更に歩くと、次はみどろ沼。

 黄緑色の個性的な沼の色で、
 思わず
 「なんじゃこりゃw(゜o゜)w???」
 と、叫んじゃいました(^_^;)

 これが天然の色とは信じられない! 

 



更に弁天沼(左下)と青沼(右下)
弁天沼青沼
青沼、ほんとに青い。。。(* ̄∇ ̄*)



るり沼と磐梯山 るり沼の向こうには、雲に見え隠れ
 する磐梯山が。。。!!!

 お天気が悪くて、会津に着いてから
 ず~~~っと、磐梯山が雲に隠れっ
 ぱなしだったので、めっちゃ感動!

 嬉しくてシャッターを押しまくり、
 これとほぼ同じ写真が7枚あります
 










約80分ほどゆっくり写真を撮りながら歩いたトレッキングコース。
美しい沼が次々と現れるので、そんなに長く感じません。
道は平坦で、スニーカーさえ履いていればスカートでも歩けます(*^▽^*)

白樺の道沼っぽい風景

沼以外でも、白樺の道や神秘的な沼地の風景など、感嘆のため息が
でる景色ばかり。



今日のブログの一番最初の大きな写真が、コースの最後の沼、柳沼
なのですが、静かな水面に映る木々が、東山魁夷の絵画のようで素敵。。。


父沼 柳沼の向かいにある小さな
 沼は、父沼というそうです。
 (帰ってきてから調べた)

 こちらの沼も水面が鏡の
 ように澄み渡っていました。



  



五色沼には、本当に感動しました!!
関西からはめちゃめちゃ遠いですが、行ってよかった(≧∇≦)




会津観光で、忘れてはいけないのはやっぱり白虎隊。
日本史大好きなので、そういう意味でも会津はずっと行きたいと思っていました。


白虎隊士の像 会津若松市では、まず白虎隊
 自刃の地を訪れたくて、飯盛山
 に登りました。
 
 写真は、白虎隊自刃の地にある
 白虎隊士の像です。

 隊士の見つめる方向に鶴ヶ城が
 あるというので振り返ってみると、




飯盛山から見たお城 雨に煙った彼方にぼんやりと
 お城が見えました。

 白虎隊士もここからお城を
 見て、そして自ら命を絶った
 のかと思うと、心臓がぎゅううと
 音をたてました。






白虎隊士の墓 飯盛山に登る時には、動く坂道
 (スロープ式エスカレーター)に
 乗って、きゃっきゃと騒いでいた
 のですが、自刃の地を訪れると
 はしゃいだ気持ちはどこかに
 消えて、静かに白虎隊士の
 お墓に手を合わせてきました。







鶴ヶ城 飯盛山では、戊辰戦争直後の
 鶴ヶ城の写真を見ました。
 あんなに砲弾を浴びてボロボロの
 お城を見たのは初めてでした。

 その直後に鶴ヶ城を訪れたので、
 復元された美しいこのお城を
 見ても、何か奥底に痛々しさの
 ようなものを感じてしまいました。

 ちょうど、明治戊辰140年記念
 「会津松平家と戊辰戦争」という
 企画展が開かれていたので、
 覗いてみると、熱心な歴史ファンで
 大盛況。
 
 


其処彼処で、戊辰戦争や松平容保公について、息子に熱心に語る
お父さんの姿が。。。!!


会津は戊辰戦争の“敗戦国”で、貧乏くじをひいてしまったイメージが
あるのですが、それゆえに会津の方は歴史を大事にしているのかな、
と感じました。

そして戦いに負けたとしても、その真面目で不器用な会津人の気質に
誇りをもっているようにも感じました。


日本の中でも、ある意味とても日本らしい、美しい国だと思います。


会津に行って、本当によかったです(*^▽^*)


おでかけ・旅行 | トラックバック(0)
先週末の連休には、ダンナさまの友達のMくんが、わが家に
遊びに来ていました(*^▽^*)

今回は、お酒はワインということで、お料理も洋風にしました!

     ローストチキン


鰹のカルパッチョたこセロリサラダ

厚切りベーコン
 ・ローストチキン
 ・鰹のカルパッチョ
 ・蛸とセロリのサラダ
 ・厚切りベーコン

 ・チーズ盛り合わせ(写真なし)
 ・枝豆(写真なし) 





私は、家族以外の人に手料理を食べてもらうのは、とーーーっても
緊張するのですが、Mくんはカナリ家族に近い存在。

よく遊びに来てくれて、本当によく食べてくれるので、Mくんに
来てもらうのは、“晩ご飯、何にしよう♪”とワクワクします(*^▽^*)




今年のお月見だんごは、たねやさんで買ってきました。


きぬかづき 期間限定販売の“きぬかづき”。
 
 里芋をかたどったこのお団子、
 小さな孫芋までポツッとくっつ
 いていて、とってもカワイイ!

 ダンナさまとお月さまを見ながら
 いただきました(*^▽^*)





栗饅頭 こちらも同じたねやさんの栗饅頭。

 きぬかづきを買ったときに、思わず
 衝動買い(^_^;)

 素朴ながら、買わずにはいられない
 ような魅力あふれるこの姿!
 
 久しぶりに食べたけど、やっぱり
 ほっとする美味しさでした~(*^▽^*)





イベント・おもてなし | トラックバック(0)

豆腐餃子

2008/09/10 Wed 00:18

今日の晩ご飯は、豆腐餃子です(*^▽^*)

     豆腐餃子

 ・豆腐餃子
 ・鱧の源氏焼き
 ・水菜と豆腐とカリカリじゃこのサラダ
 ・枝豆の醤油煮
 ・鮭おにぎり


豆腐餃子中身 豆腐餃子の中身は、木綿豆腐・
 鶏ひき肉・にんじん・しいたけ
 ネギ。
 とってもヘルシーな餃子です。

 餃子のタレで食べても、ポン酢で
 食べても、からし醤油で食べても
 美味しいです(*^▽^*)





豆腐餃子を初めて作りましたが、あっさりしていて気に入りました(*^▽^*)
ダンナさまの日本酒の肴にもなるので、また作ろうと思っています!





なかなかブログにアップする機会がないのですが、キレイな和菓子を
食べる前には、写真に撮ることが多いです(*^▽^*)

そろそろ秋の気配を感じるようになってきたので、本格的に秋になる前に
夏の間に撮ったお菓子の写真をアップします☆


夏のお干菓子 これは、高松市の冨久ろ屋と
 いう和菓子屋さんのお干菓子。

 高松に住んでいる姉からもらった
 もの。

 とても上品なお菓子で、ダンナさま
 もお気に入りです(*^▽^*)





麩市 これは、京都の麩市というお店の
 笹巻き麩まんじゅうと生麩ういろう
 です。
 近所のデパートの期間限定出店の
 際に買ったのですが、爽やかで
 夏向きの美味しいお菓子でした。

 “ういろう”という名前がついていま
 すが、かなりみずみずしい独特の
 食感です(*^▽^*)


 
金魚 これは、どこのお店のものか
 忘れてしましましたが、“金魚”と
 いう名前の和菓子(*^▽^*)

 2匹の朱色の金魚がかわいい!

 見てるだけで涼しくなります(*^▽^*)






和菓子は季節感があって美しい上に、小ぶりなのも嬉しいです。
休日のおやつにピッタリなんですよね(*^▽^*)


そろそろ秋のお菓子が出回り始めたので、秋ならではのお菓子も
楽しみです(*^▽^*)




和食 | トラックバック(0)
「最近、あんまり魚を食べていない!」
と、ダンナさまからクレームがあり、魚売り場をウロウロと物色。

関西は正直、あまり魚にはめぐまれていないのですが、今日は
“ 美味しそう ”と思えるアジに出会えたので、シンプルに
塩焼きにしました(*^▽^*)

     鯵の塩焼きと煮物
 
 ・アジの塩焼き
 ・伏見トウガラシと油揚げの煮物
 ・ほうれん草の胡麻和え
 ・大根としいたけのお味噌汁
 ・玄米ご飯

このアジ、写真ではわかりにくですが、カナリ大きいです。
30cm近くあります。焼くのが大変でした( ̄∇ ̄;) 皮ボロボロ。。。

伏見トウガラシは関西以外の方には、あまり馴染みがないかも。
京野菜で、辛味のない細長いトウガラシです。

おばんざい向きな野菜というイメージがあって、今日もおあげさんと
一緒にガッと煮ちゃいました(*^▽^*)


小アジ ちなみにですが。。。
 ←コレは、先日、炎天下の
 神戸でダンナさまと釣った
 アジです。

 同じアジとは思えないくらいの
 超小アジ。

 でも、自分で釣ると宝物みたいに
 嬉しいんですよね(*^▽^*)



かかった経費は、上の大きなアジの10倍ほどでした。。。il||li _| ̄|● il||li


和食 | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。